研究業績リスト

著書

  • 溶融塩・熱技術の基礎:アグネ技術センター出版 1993年
     古川和男・高橋節子 他60名
     第8.5章pp.190-196を担当
  • 湿式プロセスハンドブック:日刊工業新聞社出版 1996年
     馬場宣良・高橋節子 他73名
     基礎編第15章pp.263-269、応用編第15-3章pp.736-747を担当

学位論文

  • 軽量大容量Al/FeS2型溶融塩二次電池のAl極に関する研究
     東京理科大学 工博甲第20号 1985年3月

査読付き学術論文

  • Sustainable oleic and stearic acid based biodegradable surfacrants
    Avinash Bhadani Kazuki Iwabata Kenichi Sakai Setsuko Koura Hideki Sakai and Masahiro Abe
    RSC Adv, Vol. 7, pp10433-10442 (2017)
  • Pt-Au金属ナノ粒子触媒を用いた直接グルコース形燃料電池の開発
    高橋昌利、岩端一樹、結城智晴、片山昇、鳥越幹二郎、土屋好司、小浦節子、中田一弥、坂口謙吾、酒井秀樹、阿部正彦
    Material Technology Vol.34 No.6 pp.166-176 (2016)
  • 溶融アルミニウムめっき鋼板のリチウムイオン二次電池用集電体としての可能性
    小浦節子、辻村太佳夫、佐々木悟、阿部孝裕、多田有矢、工藤尚範、齋藤良平、内館道正、門磨義浩、宇井幸一
    表面技術、Vol.67, No.6, pp316-321 (2017)
  • Removal of Surfactant template from mesoporous titania
    Takeshi Endo, Suguru Okada, Kanjiro Torigoe, Naokiyo Koshikawa , Recka G. Shresta, Kenichi Sakai, Setsuko Koura, Masahiko Abe, Hideki Sakai
    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.464, pp.52〜56 (2015)
  • Low-resistivity bulk silicon prepared by hot-pressing boron- and phosphorus-hyperdoped silicon nanocrystals
    Qingbin Luan, Zhenyi Ni, Setsuko Koura, Tiejun Zhu, Deren Yang, Xiaodong Pi
    AIP Advances, Vol.4, pp.127108 (2014)
  • マイクロリアクターとマイクロ波反応装置を用いたAuナノ粒子の合成
    堀越智、鷲見卓也、小浦節子、鳥越幹二郎、阿部正彦
    Journal of the Japan Society of Colour Material, Vol.87, No.10, pp.352〜355 (2014)
  • 「ステンレス箔を対極基板とした色素増感太陽電池に関する研究」
    小浦節子、西田義勝、藤井孝浩、豊原伸明、山口岳志、荒川裕則
    太陽エネルギー, Vol.40, No.5, pp.47 – 53 (2014)
  • 「集電体として銅めっき鋼を用いたリチウムイオン二次電池負極のインピーダンス特性」
    星芳直、高柳政祥、四反田功、板垣昌幸、小浦節子
    材料の科学と工学, Vol.51, No.4, pp. 158-162(2014)
  • ”Self-aggregation and Liquid Crystalline behavior of New Ester Functionalized Quinuclidinolium Surfactants”
    Avinash Bhadani, Takeshi Endo, Setsuko Koura, Kenichi Sakai, Masahiko Abe, Hideki Sakai Langmuir, 受理
  • ”Self-aggregation properties of new ester based gemini surfactants and their rheological behavior in the presence of cosurfactant – monolaurin’
    Avinash Bhadani, Rekha Goswami Shrestha, Setsuko Koura, Takeshi Endo, Kenichi Sakai, Masahiko Abe and Hideki Sakai
    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, Vol.461, pp.258-266 (2014)
  • 「マイクロリアクターとマイクロ波反応装置を用いたAuナノ粒子の合成」、
    堀越智、鷲見卓也、小浦節子、鳥越幹二郎、阿部正彦、色材協会誌、受理
  • ”Structure of 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Chloroaluminates: Neutron Diffraction Measurements and ab initio Calculations”
    S. Takahashi, K. Suzuya, S. Kohara, N. Koura, L. A. Curtiss, M.-L. Saboungi
    Zeitschrift fur Physikalische Chemie, Bd., 209, S.209-221 (1999)
  • ”The Structure of LiKCO3 Studied by Ab initio Calculations and Raman Spectroscopy”
    Shinji Kohara, Nobuyuki Koura, Yasushi Idemoto, Setsuko Takahashi, Marie-Louise Saboungi, L. A. Curtiss,
    J. Phys. Chem. Solids, Vol.59, No.9, pp.1477-1485 (1998)
  • ”The structure of molten alkali carbonates studied by neutron diffraction and ab initio calculations”
    S. Kohara, Y. S. Badyal, N. Koura, Y. Idemoto, S. Takahashi, L.A. Curtiss, M.-L. Saboungi,
    J. Phys. : Condens Matter, Vol.10, pp.3301-3308 (1998)
  • ”Alkali carbonates: Raman spectroscopy, ab initio calculations, and structure”
    N. Koura, S. Kohara, K. Takeuchi, S. Takahashi, L.A. Curtiss, M. Grimsditch, M.-L. Saboungi, J. of Molecular Structure, Vol.382, pp.163-169 (1996)
  • ”The origin of bimodal size distribution of alumina ultrafine particles produced by radio frequency plasma”
    S. Koura, H. Tanizaki, M. Niiyama, K. Iwasaki,
    Materials Science and Engineering, Vol. A208, pp.69-75 (1996)
  • ”Molecular Orbital Calculations and Raman Measurements for 1-Ethyl-3-methylimidazolium Chloroaluminates”
    S. Takahashi, L. A. Curtiss, D. Gosztola, N. Koura, M.-L. Saboungi,
    Inorg. Chem., Vol.34, pp.2990-2993 (1995)
  • ”Dynamics of Room-temperature Melts: Nuclear Magnetic Resonance Measurements of Dialkylimidazolium Haloaluminates”
    S. Takahashi, Marie-Louise Saboungi, R. J. Klingler, M. J. Chen, J. W. Rathke J. Chem. Soc. Faraday Trans., Vol.89, No.19, pp.3591-3595 (1993)
  • 「1-ブチルピリジニウムクロリド-AlCl3系常温溶融塩浴からの電気Alめっき」
     高橋節子、秋元菊子、佐伯功、表面技術、第40巻、第4号, pp.548-552 (1989)
  • 「常温型溶融塩電解浴を用いた電気Alめっき」
     高橋節子、秋元菊子、佐伯功、表面技術、第40巻、第 1号, pp.134-135 (1989)
  • 「AlCl3-1-ブチルピリジニウムクロリド系電解液を用いるAl/FeS2型二次電池の電解液の諸特性」
    高橋節子、小浦延幸、中島玲子、電気化学および工業物理化学, Vol.54, No.3, pp.263-268 (1986)
  • 「AlCl3-1-ブチルピリジニウムクロリド系電解液を用いるAl/FeS2型二次電池の電池性能の改良」
     高橋節子、小浦延幸、中島玲子、電気化学および工業物理化学, Vol.54, No.3, pp.257-262 (1986)
  • ”Structural Analysis of AlCl3-n-Butylpyridinium Chloride Electrolytes by X-Ray Diffraction” Setsuko Takahashi, Nobuyuki Koura, Masanori Murase, Hideo Ohno, J. Chem. Soc., Faraday Trans. 2, Vol.82, pp.49-60 (1986)
  • ”X-ray diffraction analysis of molten AlCl3-NaCl system”
    Setsuko Takahashi, Kyouichi Maruoka, Nobuyuki Koura, Hideo Ohno,
    J. Chem. Phys., Vol.84, No.1, pp.408-415 (1986)
  • ”Structural Analysis of the Molten Salt 50mol% AlCl3 - 50mol% NaCl by X-ray Diffraction”
    Setsuko Takahashi, Takayuki Muneta, Nobuyuki Koura, Hideo Ohno,
    J. Chem. Soc. Faraday Trans. 2, Vol.81, pp.1107-1115 (1985)
  • 「Al合金を負極に用いたAl/FeS2型溶融塩二次電池の開発”
    高橋節子、小浦延幸、軽金属, Vol.35, No.11, pp.630-635 (1985)
  • 「n-ブチルピリジニウムクロライド-AlCl3系電解液を用いるAl/FeS2型二次電池の開発」
    小浦延幸、由井俊毅、高橋節子、軽金属, Vol.35, No.4, pp.203-208 (1985)
  • ”X-ray Diffraction of the Molten Salt 50mol% AlCl3 - 50mol% LiCl”
     Setsuko Takahashi, Takayuki Muneta, Nobuyuki Koura, Hideo Ohno,
    J. Chem. Soc., Faraday Trans. 2, Vol.81, pp.319-326 (1985)
  • ”A Rotating Ring-Disk Study of the Al Electrode in Molten AlCl3-NaCl-KCl Electrolytes” Setsuko Takahashi, Nobuyuki Koura, J. Electroanal.Chem., Vol.188, pp.245-255 (1985)
  • 「X線によるAlCl3-NaCl系溶融塩の構造解析」
    高橋節子、棟田高行、小浦延幸、大野英雄
    電気化学および工業物理化学, Vol.52, No.10, pp.704-705 (1984)
  • 「MD法シミュレーションによるAlCl3-NaCl系溶融塩の構造解析」
    高橋節子、小浦延幸、棟田高行
    電気化学および工業物理化学, Vol.52, No.9, pp.631-632 (1984)
  • 「AlCl3-NaCl-KCl系溶融塩電解液を用いたAl/FeS2型二次電池における浴中イオン種の挙動」
    高橋節子、小浦延幸、米田登
    電気化学および工業物理化学, Vol.52, No.9, pp.244-249 (1984)
  • 「Al/FeS2型溶融塩二次電池の電極反応」
    小浦延幸、高橋節子、兼田善弘
    電気化学および工業物理化学, Vol.51, No.1, pp.177-178 (1983)
  • 「回転リングディスク電極法による溶融塩中でのAlの電極反応の解析」
    高橋節子、小浦延幸、
    電気化学および工業物理化学, Vol.50, No.10, pp.852-853 (1982)
  • 「Al/FeS2型有機溶媒系二次電池の開発」
    高橋節子、小浦延幸、米田登
    電気化学および工業物理化学, Vol.50, No.8, pp.689-694 (1982)
  • 「溶融塩電解液を用いたAl/FeS2型二次電池」
    高橋節子、小浦延幸、井上利弘
    日本化学会誌, No.6, pp.1077-1083 (1982)
  • “Al/FeS2 Secondary Cells Using Organic Electrolytes“
    Setsuko Takahashi, Nobuyuki Koura、J. Electrochem.Soc., Vol.128, No.3, pp.710-711 (1981)
  • 「常温作動のAl/FeS2型有機溶媒系二次電池」
    高橋節子、小浦延幸、電気化学および工業物理化学, Vol.49, No.1, pp.62-63 (1981)

その他論文 8報

  • 「常温溶融塩を用いた電気アルミニウムめっき」
     小浦節子、鍍金の世界、第48巻 10号, pp.16-22(2015)
  • 「環境浄化特性に優れた光触媒塗装鋼板の開発」、
     安藤彰啓、坂戸健二、中村浩茂、小浦節子、日新製鋼技報, No.82, pp.43-51 (2001)
  • 「フッ素クリアー塗装ステンレス鋼板」、
     圓谷浩、公文史城、大崎勝久、小浦節子、福本博光、波多野勇治
    日新製鋼技報, No.78, pp.76-81 (1998)
  • 「RFプラズマで作製したTi、Al2O3およびTi-Al2O3混合超微粒子の特性評価」
    大塚昭彦、小浦節子、谷崎裕則、新井山政人、岩崎邦彦
    日新技報, No.72, pp.11-20 (1995)
  • 「AlCl3-1-エチル-3-メチルイミダゾリウムクロリド系常温溶融塩の微視的構造と動的性質」
    高橋節子、溶融塩, Vol.36, No.3, pp.198-210 (1993)
  • 「小物部品への電気アルミニウムめっき」
     高橋節子、赤間良三、倉沢章、奥佳代子、日新製鋼技報, No.63, pp.44-51 (1990)
  • 「電気アルミニウムめっきの限界電流密度に及ぼすめっき因子の影響」
    加藤善雄、多々納政義、高橋節子、日新製鋼技報, No.61, pp.44-53 (1989)
  • 「常温溶融塩浴を用いた電気アルミニウムめっき」
    高橋節子、佐伯功、田中菊子、金刺久義、日新製鋼技報, No.60, pp.36-46 (1989)

解説 8報

  • ”Technological and scientific issues of room-temperature molten salts”
    S. Takahashi, N. Koura, S. Kohara, M.-L. Saboungi, L. A. Curtiss,
    Plasmas & Ions, Vol.2, pp.91-105 (1999)
  • 「非水めっき浴からの金属薄膜コーティング」
    高橋節子、小浦延幸、 鉄と鋼、 第77年、第7号, pp.921-930 (1991)
  • 「常温型溶融塩浴からの金属の電析」
    高橋節子、電気化学および工業物理化学, Vol.59, No.1, pp.14-21 (1991)
  • 「常温型溶融塩電気アルミニウムめっきの利用」
    森田有彦、高橋節子、表面技術、第40巻、第 1号 , pp.56-57 (1989)
  • 「常温型溶融塩浴を用いた電気アルミニウムめっき」
    高橋節子、森久美子、秋元菊子、赤間良三、アルトピア, Vol.8, pp.41-50 (1987)
  • 「コンピューターシミュレーションと電気化学」
    高橋節子、小浦延幸、井手本康、金属表面技術, Vol.35, No.7, pp.331-343 (1984)
  • 「電池用の電極」
    高橋節子、小浦延幸、表面, Vol.20, No.9, pp.492-503 (1982)
  • 「アルミニウムの電池への応用」
    小浦延幸、高橋節子、アルトピア, Vol.10, pp.49-62 (1980)

賞罰

1990年3月表面技術協会 第28回 技術賞
常温型溶融塩浴からの電気アルミニウムめっき法の開発
1991年3月表面技術協会 第2回 進歩賞
<対象論文:以下2件>
1. 常温型溶融塩電解浴を用いた電気Alめっき
2. 1-ブチルピリジニウムクロリド-AlCl3系常温溶融塩浴からの電気Alめっき

学協会 委員等

1980年4月公益社団法人電気化学会会員、一般社団法人表面技術協会会員(現在に至る)
1990年4月一般社団法人日本鉄鋼協会会員(現在に至る)
2010年3月〜2012年2月公益社団法人電気化学会 理事
2010年3月公益社団法人電気化学会 普及委員会委員
2016年3月〜 副委員長(現在に至る)
2010年3月公益社団法人電気化学会 男女共同参画委員会委員、
2015年3月〜2017年2月 委員長
2013年12月〜2015年8月文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業委員
2014年3月〜2016年2月公益社団法人電気化学会 監事
2014年5月一般社団法人日本太陽エネルギー学会会員(現在に至る)
2015年3月一般社団法人表面技術協会 編集委員会幹事(現在に至る)
2015年10月〜2017年9月東北大学 客員教授
2015年10月〜産業総合技術研究所 評価委員
2017年1月〜材料技術研究協会 理事