研究内容

未来の子供たちにきれいな環境と安心して豊かな生活を提供しつづける技術開発の研究に携わりたいと考え、以下の3つを対象とした、環境とエネルギーに関する研究テーマに取り組みます。

  • 人間の生命・身体の安全に不可欠な水処理に関する研究
  • 生活に欠かせない大切な資源を有効に使うための資源・リサイクルに関する研究
  • CO2排出を抑制し低コスト化に寄与できる再生可能エネルギーに関する研究

研究テーマ

2018年

  • 新規のCIGS型太陽電池基板を目指したガラス/金属複合材の検討
  • 谷津干潟におけるホンビノスを用いた硫化物除去の検討
  • ウルトラファインバブル水(UFB水)が野菜の生育に及ぼす影響
  • 酸素ウルトラファインバブルの肌に対する浸透性と保湿効果の検討
  • 水環境に存在する菌に対するバブル水の抑制効果の検討
  • 光触媒による途上国飲料水浄化を目指した水中溶存物質の影響評価
  • EK法を用いた土壌中のヒ素の除去に関する研究
  • グラフェン電極を用いた水処理の検討
  • イオン液体を用いたチタンのリサイクル方法の検討
  • アルミニウムを負極とした多価イオン二次電池の研究
  • 低温動作・高出力密度化を指向した固体酸化物形燃料電池(SOFC)の検討

2017年

  • 酸素ナノバブル水の効果と作用とメカニズム
  • ホンビノス貝を用いた貝肥料が野菜の生育に及ぼす影響
  • 谷津干潟の水質改善を目的とした水質調査
  • 谷津干潟におけるホンビノス貝を用いた硫化物除去の検討
  • 粉砕条件がホタテ貝殻粉末のSr2⁺除去能に及ぼす影響
  • 固体酸化物形燃料電池の低温動作・高出力密度化を指向した電解質材料作製法の研究
  • アルミニウムを負極とした多価イオン二次電池の研究
  • 色素増感太陽電池におけるコバルト系電解液に対するステンレス板の耐食性
  • 低温排熱利用を目的としたグラフェン膜における熱電特性の検討
  • スターリングエンジンにおけるピストンの機械損失低減
  • イオン液体を用いた電解によるTiの溶解析出の検討
研究内容 研究内容

連携

連携

  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
    省エネルギー研究部門 統括研究主幹
    エネルギー変換・輸送システムグループ長 嘉藤 徹 氏
  • 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
    化学プロセス研究部門 膜分離プロセスグループ
    研究グループ長 根岸 秀之 氏
  • 東京理科大学 竹内 謙 教授